暁星国際学園寄宿舎

Domitory Life

寄宿舎 ? キリスト教的愛に基づく共同体

心が育つ時期を応援する寮生活

生徒たちは寮に来て始めて親のありがたさを知ります。親に対して感謝の気持ちがおこり、大切にしたいという気持ちが強くなります。親も子どもを手放してみて、真剣に親子関係を考え始めます。

生まれてから「あって当然」だと思っていたものから離れてみて自立が始まります。自分のことは自分でする、という当たり前のことをするようになって自分を知り、他人を知ることができるようになります。

寮生活を通して、我慢を知り、自制心を養い、そして他人のために役立つことをする喜びを学びます。寮生活を共にした仲間は一生の財産です。お互いに長所や欠点を知り尽くしていて、何の気兼ねもなく付き合えるのです。みなさんも是非、暁星国際学園で生活しませんか。

協調性と、自主性と。

暁星国際学園には男子寮、女子寮が完備されています。そこには、大多数の生徒が寮に暮らしています。友達と24時間いつでも一緒の生活です。家庭だと子供を大事にするあまり、わがままを許してしまうこともあるでしょう。しかし共同生活では、自己中心的な考え方は通りません。

自分の悪い点は協調し克服していかざるを得ず、自然に社会性や協調性が身につきます。また、親元を離れることで、自分で考え行動する、自主性や積極性も培われます。

心も体もすこやかに。

生活のうえで、最も大切なのは健康です。心も身体も健康であってほしい。

そのために学園では、早寝・早起きの規律ある生活習慣をつくるとともに、人に会ったら明るく挨拶をする、といったマナー教育にも心を配っています。また、キリスト教に基づく道徳観、倫理観の涵養にも努めています。

優しく思いやりがあり、礼儀正しくふるまえる。そんな豊かな魅力を備えた人材を、私たちは社会に巣立たせたいと願っています。

“一生の友”との出会い。

暁星国際のOBたちは、卒業して何年経っても、誰かが困ったときは助け合う、というような、あつい友情でむすばれている者が多くいます。3年、6年と、寝食をともにした友との絆は格別の深さがあるのです。

暁星国際の寮はいわばひとつの大家族。ここに暮らせばあなたにも、きっと人生の宝物となる“一生の友”と出会えるはずです。